Model 5560 


5560-W1B with  "kit W2B"

 

ページ内の Processor complexe の線画は Louis Ohland氏によるPS/2  Processor complexe を基本にリアレンジしています。 
PS/2  Processor complexe についてはArden Tool のPS/2 Model 90  でご確認ください


 

5560-N
概要
5560 システムボード
モデル・タイプ
  5560-W
  5560-N
リファレンスディスク
SIMM
Video
SCSI/A
ドライブベイ
内部構造 (画像)
 
 
 

 


Processor Complex

W0 
W1/2 
最終型 W2 ?
DX2/66 アップグレード ( Type B )
CPU アップグレード
Complex の交換

 


概要
1990年 10月に PS/55 デスクトップモデルとして 486 CPUを初めて採用したモデル 5560-W0 は タワー型の5580-Y と同時に発売されました。 

本機は5580や5551-N と同じくIMLシステムです。 HD付きで入手した場合はアダプタの構成が変わっていてもSCSIカード、ビデオカード、SIMM が入っていればそのまま起動するかあるいは構成エラーでリファレンスメニューが立ち上がります。 

外見的には PS/2 のモデル90 (8590) と同一ですが、システムボードはかなり変更されています。
モデル90は2枚のサブボードにセットしたSIMM ボードを使用しますが、 5560 の場合は システムボード上のSIMM ソケットに直接SIMM を搭載するようになっています。 またモデル90はシステムボード上に XGA を搭載していますが、 5560 はシステムボード上にVIDEO回路はありません。 主な違いをまとめると以下のようになります。.

  • 5560 はメモリーはライザカード方式ではなく、SIMM ソケットをシステムボード上に実装している

  • 5560ではモデル90のメモリーライザ位置に MCA BUS スロットが2口追加されている。

  • XGA CHIP 非搭載。.

  • 電源コネクタは エッジカード方式ではなく2組のプラグ形状になっている。

5560 システムボード 

5560全モデルで共通のシステムボードを使用しています。

リファレンスディスクは Ver.1.11が最新です。

 


J1   シリアル ポート 
J2  パラレルポート 
J3   マウスポート 
J4   K/B ポート 
J5   Processor complex 
J6  Power on Pass word
J7   BVE 32-bit スロット  Slot #5
J8   AVE 32-bit スロット  Slot #3
J9   32-bit スロット        Slot #6
J10 32-bit スロット        Slot #4 
J11 32-bit スロット    Slot #2
J12 32-bit スロット    Slot #1
J13  電源コネクタ 
J23  電源コネクタ 
J24  FDD コネクタ 
J26  Solder pads 
J27  Solder pads 
J28  PWR/LED コネクタ 
J30  SP 
F1    2A
F2    3A
F3    5A
Y1    40.00MHz
Y2    22.1148MHz
Y4    14.318MHz 
Y5    24MHz
U20  57F2188 
U28  64F0942 
U43  N82077AA
U52  22V10  ( 35F3798 )
U57  DSKBOOT ( 64F3110 )

  

J11 &  J12
追加された 32-bit MCA スロットで J12 に短めの SCSI /A 16 ( 旧タイプ )が搭載されます。

PS/55 日本語ディスプレイアダプタ B-II  は BVE の J7 にセットされます.

電源コネクタ
PS/2 モデル90の場合は上述のように エッジカードコネクタですが、 5560 はほぼ同じ位置 に 
ピンタイプの
J13/J23 のコネクタがあります。 

   

Back to Top


モデル・タイプ
  PS/55 一覧 にもあるように大きく分けて 4 タイプ の5560があります。 

  5561-W0x

486DX25   

メモリーカウントが悠長なタイプで 全SIMMソケットを 8MBで埋めたりするとメモリカウントが終了するまでにコーヒー一杯分くらいの時間がかかります。

  5561-W1x

486SX25

メモリカウントはとても速くなります。

  5561-W2x

486DX2-50 

CPUボードそのものは W1 と同一ではないかと思います。

  5561-Nxx

486DX2-66

5560最速 のDX2-66を採用したもので、この CPUボード は DX2-66 アップグレード TYPE-B と同様です (単売されたのかどうかは実のところ定かではありません )。

 

5560-W
 モデル
5561
W08,W0B,W0C

W18,W1B,WYA,WYB

W28,W2B,WA8,WAB
 プロセッサ
486DX-25 
486SX-25
486DX2-50
 RAM
4MB
4MB(70ns)
4MB( 8MB FORwaX)
 VRAM
1MB ( PS/55 日本語ディスプレイアダプタ  B-II )
Disk
Drives
 FDD
3.5" x1 ( 1.44MB/720KB )
 HDD

タイプの一桁目は HD容量を示す  ( 8; 80MB, B; 160MB, C; 360MB )

 Option Slot ( for User )  
 Storage bay ( for user )
 2
寸法 ( mm )
 440( W ) x 430 ( D ) x 140 ( H )
重量 ( Kg )
 14
AC 入力 
 AC100--125V 50/60Hz , 215W( MAX ) 
導入済みOS
None
WYx; S/2 J2.0 & DOS J5.0 WAx; S/2 J2.0 & DOS J5.0




5560-N
 モデル
5561
N0B
NYB *1
NMB *
NMY *
 プロセッサ
i486DX2-66 
 RAM
8MB
16MB ( 70ns)
 VRAM
1MB ( PS/55 日本語ディスプレイアダプタ  B-II )
Disk
Drives
 FDD
3.5" x1 ( 2.88MB/1.44MB/720KB )
 HDD
200MB 
 Option Slot ( for User )  32bit フルサイズ x3 , 32bit ハーフサイズ x1  32bit フルサイズ x2, 32bit ハーフサイズ x1
 Storage bay ( for user )
 2
寸法 ( mm )
 440( W ) x 430 ( D ) x 140 ( H )
重量 ( Kg )
 11.4
AC 入力 
 AC100--125V 50/60Hz , 194W( MAX ) 
導入済みOS
None
OS/2 J2.0 & DOS J5.0 OS/2 J2.0 & MCADAM OS/2 J2.0 & MCADAM

    *1 NYB :  OS/2 model
    *2 NMB : MCADAM/2 導入済み .  ASYNC TTL /Adapter 搭載 
   *3 NMY : MCADAM/2 アップグレードバージョン同梱.  ASYNC TTL/Adapter搭載 


Back to Top

リファレンスディスク
Ver.1.11が最新で型番詳細によらず共通で使えます。  -Woxタイプで80nsのSIMMを搭載している場合はあえて80ns SIMMでそろえずに70nsに取り換えて Ver.1.11で再構成しておけば後々トラブルが少なくて済みます。

SIMM

W1/W2/N モデルでは True Parity 8MB/70ns SIMM が必要です。
W0For W0 モデルは  80ns SIMM (もしくは 70ns )をマッチドペアで使用しなければなりません。
W0/W1/W2モデルで 16MB以上のメモリを搭載する場合は リファレンスを Ver. 1.11 にしなければいけません。

16MB超のメモリ搭載
Win95などで 16MB以上を搭載した場合 システムが16MB以上を正しく認識している場合でも OSは 16MB以上を認識しない という事があります。 そのような場合はWin95標準のHIMEM.SYSを PC DOS J7.0V に付属の HIMEM.SYSと取り替える事で解決できます。 全てではありませんが他の486系 IML機でも同様な症状に陥ることがありますが、EIDEを使用する機種 ではそういうことは無いようです。

記症状は JDOS 5.0 でも同じです。これも同様に PC DOS 7.0/V のHIMEM.SYSを使用することで16MB以上を使用可能 となります。
OS/2 ではこの問題は発生しません。

Video
PS/55 日本語ディスプレイアダプタ B-II ( VGA付 BVE コネクタ )が標準です。 
モデル 90と異なり XGA CHIP をシステムボード上に搭載していません。 
D/A B-II で使用される BVE スロットのほかにCOMPLEX用コネクタのそばに AVE 32-bit スロットもあります。

純正 キャッシュ付 326ビット SCSI /A 
 5560-W1/W2 の標準 SCSI /A は モデル90と異なり 一般的なAT仕様の50ピン内部コネクタを持つやや短めの キャッシュ付  32ビットSCSI アダプタで、ADF は同じ @8eff  ( 32Bit with cache ) を使用します。.  SCSI BIOS は旧タイプの 64F4376/4377 のセットです。  線画などについては  こちら をごらん下さい。
W0 はシステムガイドの記述では 16 bit SCSI /A が搭載されていたように思われますがどのタイプなのか定かではありません。

5560-N モデルは ハーフサイズのSCSI  Adapter II/A ( 32bit、キャッシュ付、P/N  06G6760 )を搭載しました。 このカードは   35G2818 あるいは 07G3063 などと同一のものと思われます。

ドライブベイ

 FDD の下   : 3.5インチ HDベイ
 FDDの右側 : CD-ROM用 5インチドライブベイ ( ベゼルは2種類ある。FDD用ベゼルと
                     同様の傾斜型のものは超レア ) 
 その下       : 5インチドライブ用ベイ

内部構造  ( 画像をクリックすると拡大画像が表示されます )
下の画像は DX2-66 タイプB アップグレードに変更された 5561-W1B (末尾3桁はこの際同でもよいのですが )の内部を示しています。
標準搭載の50ピンヘッダー付の SCSI /32A は新タイプの  SCSI /A -II/32A に変更されています。 50ピンカードエッジのSCSI ケーブルは自作品です ( 50芯のケーブルがなかったので 40芯を流用しました)。
CPU はAM5x86-133 で背の低いヒートシンクを使用しています。CPU ファンは付いていませんがフロントファンからブルーの  エアーガイド(写真では取り外されてています)を通してかなり強力に外気が吹き込まれます。 実はこのCOMPLEXは改造 された BIOS ROMを搭載しており、 AMD 5x86 は160MHzで駆動されています。 

   Pic #1  ( 拡大画像は63KBの JPEGです )

搭載されているアダプタ ( 上から )
   J9   ;  Madge Smart Ringnode MC32
   J7   ;  XGA2
   J10 ;  M-ACPA
   J8   ;  Intel Fax/Modem Adapter (刺さっているだけ )
   J5   :  Processor complex DX2/66 Up Grade Type-B
   J11 ;  空き
   J12 ;  Short Cached SCSI with new Microcode

  CPU 近映 #1

  CPU 近映 #2

  Pic #2  ( 拡大画像は84KBの JPEGです )

SIMM/電源コネクタ周り

電源ユニットは回転式で右側に持ち上げることができます。( 5580やモデル95 と同様の方式 )

電源コネクタが PS/2 モデル90と異なることがわかります。

背の高いSIMMを使用すると上にかぶさる 電源ユニットにあたってしまいますので 使用可能な SIMM は高さの制限があります。 

 

Back to Top

5560用 Processor complex (CPUボード )comparing chart  もご覧下さい ) 
  

W0 P/N 79F0087,  80486DX-25MHz. 

PS/2 の Type 1- J の日本バージョンといえるものです。  256K キャッシュボードを搭載することが可能です。      オーバードライブ用ソケットはありません。 
この コンプレックス( CPUボード )は唯一 OSC を高クロックのものに変更することが可能で、 25MHz から 31MHzまで クロックを上げることができます。

基本的には 5580-Y コンプレックスと同じもので、BIOS P/N も同一です。 ボード P/N と FRU P/N そして使用されているOSCが異なります。 ならば 33MHz OSC でも問題ないように思えますが、テストした限りでは 31MHzあたりが安定動作の限界でした。 

   


          * Original image was outlined by Louis F. Ohland


W1 ; P/N 07G0460  FUR 95F4299,  80486SX-25MHz.          

PS/2 の Type H の日本向け改変版ともいえるCPUボードです。 i486SX が U8 のメインソケットに搭載されており、  オーバードライブソケット (U9) を備えています。
メモリカウントは W0 と異なりとても速くなっています。 
 L2 キャッシュは省略されていますが、 メモイインターリーブ機能により W0 +L2 より高速なメモリ I/O であるということのようです。 


        * Original image was outlined by Louis F. Ohland * 


W2 ; P/N 07G3153    (修正  2003.05.04 )

 "W2" というボードは....あるというのか無いというのか.....。 私の 5560 は "5561-W1B"というラベルに加えて "KIT-W2B"というステッカーが貼られていました。 

KIT-W2B の詳細。
 "P/N 07G3153"というステッカーが U8のボード裏側のシルク印刷位置に貼り付けられており、このステッカーを剥すと W1 のP/N 79F0087が拝めます。  ボード両端のブルーのロックレバーの 一方に  " MPU Upgrade"というシールが張られています。

初期の 5560-W2x は i486SX25 + ODP50 ( マイクロプロセッサアップグレードオプション ID#06G7015 ) をソケットU9 に搭載した「KIT-W2B 」の状態で出荷され、 その後  486SX 抜きでU9 に i486DX2-50 を搭載したものに置き換わったようです。

      Louisさんのページに見る U6のバリエーション

" Some Type-2 (92F0079) suffer from an "incompetent DMA-chip", which is P/N 92F1428 at  position U6/GA-M on the card. Working Type-2s 92F0079 have a DMA-chip P/N 10G7808 at U6/GA-M. If U6/GA-M is 10G7808 a Turbochip should work fine. 
The earlier Type-2 use the 92F1428 -  which ends the experiment in odd results  ( permanent  I9990044, 605 FDD errors, permanent 165 errors and inability to read from  FDD). " 

 

要するに U6 に 92F1428 を使用する初期の Type-2 は KINGSTON のTurbochip (Am5x86 QFP )を 使用するとパニクッってしまうということのようです。
しかしながら 5560 "KIT-W2B" あるいは W1 は  92F1428 を搭載していますが以下の組み合わせで 問題なく動作します。 (もしかすると 問題は Turbochip そのものなのかもしれませんけど ) 

   1). DX4ODP-75 + 486SX25 
    2). DX2-66 のみ単体使用 ( 50MHz 動作 ) 
    3). ODPソケットにゲタとの組み合わせによる DX4-100 
    4). ODPソケットにゲタ+am5x86 あるいは Cyrix 5 x86 

外見上は(というか 線画での比較では ) ボードP/N とBIOS P/N を除いて PS/2 Type-2 H との間に大きな違いは見受けられません。

 


最終型 W2 ?  P/N 54G1538、 FRU P/N 54G1540
5580-W2 用かもしれませんが、某SHOPのジャンク箱で見つけました。
487SX2用のソケット U9 が実装されておらず、全体のレイアウトは下記の N ボードと同一ですが、 BIOS は W2 と同じ P/N 70G0463です。 5560 か 5580 のいずれの物なのかは不明ですが、 50MHzのOSCが載っていることから  W2 であることには間違いがないようです。

   U9部分はハンダのランドのみでソケットは実装されていません。

            


N ; P/N 35G2951  FRU 35G2765  80486DX2-66MHz  
         Type 2- L のバリエーション ? 

 

5560最速のCPUボードですが残念ながらシンクロストリーミングデータ転送はサポートしていません。
1992年 9月に投入された モデル 556-N に搭載されたCPUボードで、 DX2-66 UpgradeType-B とも呼ばれるようです。

 
          * Original GIF image was outlined by Louis F. Ohland * 

このボードには オーバードライブ用ソケットはありません。 W1/W2 で オーバードライブ用ソケットがあった場所にはハンダのランドのみがあります。 
DMA コントローラーは 92F1428 から 35G3517 に変更されています。

このボードには少なくとも2種以上のマイナーバージョンがあると思われます。 66.666 MHzのOSCを取り替える最中にちょうど OSC裏側のパターンにチップ抵抗を持つものとそうでないものがあり、そのいずれも 改変BIOS ROMを使用することで 80MHz のOSCを使用することができました。
 



Back to Top

CPU upgrade
Wxx のCPUボードは DX4 クラスのCPUを使用することが可能です。

N モデルは 33MHz 駆動ですので DX4-100はもとより,  AMD あるいは Cyrix などの 5x86クラスを使用すれば 内部100MHzから 133MHzでの動作が可能です。 ただし 5560-Nの場合 CPU ソケット位置がフロントよりになっており FDD部とのセパレーターに阻まれるためファンつきの分厚いヒートシンクを併用することはできません。
ブルーのエアーガイドを正しく使用すれば CPU冷却の問題はほぼ解消されると思います。
それでも不安な場合は AMD am5x86-133 ADZ を選ぶとよいでしょう。 
 

Complex upgrade
60-W0/W1 は W2 もしくは N コンプレックスにアップグレード可能です。 
60-W2 はN コンプレックスにアップグレード可能です。 

60-W1/W2 の各プロセッサボードを 5580-W のREF/DIAG を用いれば 5580で使用することが可能です。
この場合 60-W1を用いれば 5580-W0 に、 そして60-W2ボードを用いればは5580-W2 に相当することになります。

5580用の"DX2-66 Type A upgrade" は 5560 でも使用可能で、 アップグレードキットに含まれる リファレンス/ダイアグが必要です。

かつて PS/2 Type 4 -N  (DX2-66使用 )を  5560 で試したことがありますが構成を完了することはできませんでした。
 


当方所有の 5561-W1x (  60-N complex にアプグレード済み)
     64MB of RAM
    改変仕様BIOSによる 80MHz OSCを載せた60-N コンプレックス
    4倍速 am5x86
    ATI-GUP,  Madge Ringnode MC32,  IBM純正 SCSI /32A with cache, 
    SCSI HD 650MB +1G,
    日立製 2倍速 CD-ROM . 

    
 

Back to Top

PS/55 Index

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO